「経理と言っても、具体的に何をやればいいのかわからない」「経理には手間がかかる」「とりあえず入力だけをお願いしたい」 といったお客様に対して、記帳代行サービスも行っております。 日々の取引を示す資料を基に、会計ソフトにデータ入力し、月次試算表や総勘定元帳を作成いたします。 会計ソフトは各種ご用意しております。

業務内容


 下記@からDまでの経理作業のうち、どこまでをお客様ご自身で行うのかにより、3つのプランをご用意しております。 ご自身のニーズに合う組合せをご利用いただけます。

 @ 現金預金の管理 : 現金預金出納帳を作成し、残高を確認する
 A 売上仕入の管理 : 売上帳・仕入帳を作成し、支払を確認する
 B 領収書類の整理 : 諸経費について、支払目的などで分類する
 C 給与金額の計算 : 社会保険料や源泉税など天引額を計算する
 D 会計ソフト入力 : 上記をもれなく入力、経営成績を把握する

Aプラン : 全部を任せる

 @〜Dすべてを当事務所で行います。

Bプラン : 一部を任せる

 @〜CのいずれかとDを当事務所で行います。

Cプラン : 入力だけ任せる

 Dのみを当事務所で行います。

=月次顧問報酬×当所負担度合

 顧問契約の料金を基準とします。報酬の100%を上限とし、 一部の作業をお客様ご自身で行う場合には、その負担度合により、料金を逓減していきます。

計算例 負担度合 Aプラン Bプラン(例)Cプラン
@現金預金の管理 10% 当所 お客様 お客様
A売上仕入の管理 10% 当所 お客様 お客様
B領収書類の整理 6% 当所 当所 お客様
C給与金額の計算 14% 当所 当所 お客様
D会計ソフト入力 60% 当所 当所 当所
当所負担度合 100% 80% 60%

 (例)年商7000万の個人事業の場合、月次顧問報酬は、『個人事業顧問契約』料金にあてはめると38,880円になるので、『記帳代行』料金の上限は38,880円となります。 よって、Bプランで@とAをお客様ご自身で行う場合は、当初負担度合は(100%−10%−10%)=80%となり、『記帳代行』料金は38,880円×80%=31,104円となります。